うつ病の診断テストを受けよう~心の病気は早期発見が大事~

病院に行く前にすること

女医

まずは自分で症状を把握

うつ病は誰でもなる可能性のある病気なので、大きなショックやストレスがあった時にはうつ病っぽくなってしまうこともあります。それが一時的なものなのか、慢性的なものなのかわからないとなかなか病院に行きづらい人も多くいます。そこで、まずは一度診断テストをしてみて自分が一時的にうつ病っぽくなっているだけなのか、それともうつ病なのか大体把握できるようになります。どこのウェブサイトでも無料で診断できるチェックリストを設けているので、自分にはどんな症状があってうつ病がどんなものか理解することも出来るようになります。設問には、体がだるく疲れやすいか、頭痛は持っているか、息が苦しくなって胸がつまることがあるか、首や肩こりがひどくないか、など身体的な症状から、気が重くなったり沈んだりするか、音楽を聞いていてリフレッシュできるか、自分の人生がつまらなく感じないか、仕事熱心で几帳面か、など精神的な症状についても書かれていることが多いです。このように、身体的な症状と精神的な症状の二つの面から総合的に判断して、症状が重く毎日ある、ということであればうつ病と診断されることが多いです。診断テストは簡易的なものですが、進んでいくうちに自分の普段の症状に気づくようになり何が辛いのか何が大変なのか自分自身で分析することにもつながります。なので、もしうつ病かどうか自分ではわからず病院に行くのを躊躇っているのであれば一度診断テストに挑戦して今自分がどんな状態なのか知ることも大切です。

カウンセラーと話してみる

診断テストはネットでも簡単に出来るものですが、より詳しく説明やアドバイスも欲しい時、どうしても精神科や心療内科に行くのは億劫だという人は自治体が行っている無料カウンセリングを受けると良いです。病院に行くということに抵抗があれば、そのまま放置して症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。無料でカウンセラーと相談が出来れば、抵抗は無いと思いますしそれで少しほっとする人も多いと言われます。最終的に心療内科や精神科に通うことになったとしても、早めに治療が始められれば自分の負担もなくなりますし心配するようなことは何もないです。うつ病の診断テストは一つの目安にしかなりません。医師の指導に基づいたテスト内容になっていますが、診療の方向性ややり方というのはそれぞれその病院によっても違ってきます。なので、診断テストと言っても病院によってばらつきもあります。総合的な点数が高ければうつ病の可能性が高いので早めに治療を開始したほうが良いですが、点数が低いからと言って絶対うつ病ではないということもないんです。もしかするとうつ病の一歩手前だったり、自律神経失調症など他の精神疾患かもしれません。うつ病はある日突然発症する病気ではなく、徐々に時間をかけて発症させていくので自分では症状に気づかないことが多いです。稀に、自分ではずっとうつ病だと思っていたら内臓系の病気にかかっていて似たような症状が出ていた、ということもあるのでやはり病院に行くことは大切なことです。

医師の診断を受ける前に

医者と看護師

うつ病の診断テストはインターネット上でも利用することができます。体調や気分の変化などに関する質問項目が用意されており、実際に病院の受診を考える前に試してみれば、自分の状態を客観的に見ることができるので役立ちます。

» 詳細

慢性的な気分の落ち込み

医者

健康な人でも気分が落ち込んだりしますが、1晩寝れば元気になる人が多いでしょう。でもうつ病の人は慢性的に落ち込んでいますので、早めに治療を受けた方が良いのです。またうつ病になりやすい人もいますので、診断テストでその傾向を認識しておくと良いでしょう。

» 詳細

今と将来の両方に備えます

病院

一時的な気分の落ち込みは誰にでもあります。しかし落ち込みが深刻化したり身体に症状が出てくるとうつ病が疑われます。自分の状態をメモしたり診断テストで知っておくと良いです。その上で病院で診察や検査を受けて最終的に診断が下されます。薬物治療を中心に環境や考え方の癖を直す指導もして将来のうつ病にも備えます。

» 詳細