うつ病の診断テストを受けよう~心の病気は早期発見が大事~

今と将来の両方に備えます

病院

自分の状態を書き留めます

気分が落ち込んでしまう事は誰にでもあります。嫌な事があって憂鬱な気分がしばらく続いたり何もやる気が起きなくなる事は珍しくありません。一時的に落ち込んでも気分転換などで晴れるなら問題はないのです。気分の落ち込みが長引いて深刻化すると自分は無価値であるとの思いが強くなり自信をなくします。自己嫌悪に陥ったり自己否定の感情が強くなります。また精神的な症状だけでなく頭痛やめまいなどの身体的な症状も伴って出てくる事もあります。心身共に追い詰められて学校や社会での生活に支障が出てくるようになるとうつ病の可能性が疑われます。病院に行く前に自分の状態をノートなどに書いておくと良いです。憂鬱な気分がどの程度続いているのかよく分かります。また原因も見つけ易くなります。忙しい毎日の中では頭の中だけで色々と整理していると把握出来ない事が結構あります。仕事でも人間関係でも気を遣う事はたくさんあります。毎日少しだけでも書き留めているとそこから物事が整理し易くなります。書き留めた事をヒントに忘れていた事を思い出す事もあり得ます。ストレスが溜まって疲れ切ってから自分の状態を分かり易く人に伝えるのは大変です。改めて記録をつけるのは面倒かもしれません。スケジュール表や日記帳を持っている人は毎日メモ程度でも書いておくだけで助けになります。インターネットなどでうつ病の傾向があるかどうかの診断テストも受けられます。質問に自分が当てはまるかどうかを考えてチェックしていくだけの簡単な診断テストです。その結果も踏まえて病院に行くと良いでしょう。

診断後の治療の流れです

病院に行く前の診断テストの結果からうつ病だと思い込んでしまうケースもあります。しかし診断テストの結果だけではうつ病とは診断出来ません。最も重要なのは専門家である医師の診察です。診察の中で診断テストの結果と診断基準を照らし合わせたり必要な検査も加えながら最終的に診断がなされるのです。うつ病と診断されると治療が開始されます。薬物治療が中心となりますがその他にも考えるべき事があります。うつ病になった背景にはその原因があります。原因を取り除かないと治っても再発の可能性が高くなります。職場の仕事量や人間関係がストレスとなっているのなら職場環境を変えたり休職する事で症状が改善する事があります。ストレスを感じ易い人は真面目で完璧主義の人が多いので職場に迷惑をかける事に罪悪感があるかもしれません。しかし思い切って治療に専念する事が大事です。自分の考え方を変える事も重要です。一つの原因を取り除いても新たにストレスを強く感じる事が出てくる可能性もあります。現代はストレス社会です。ストレスに対応していく力をつけていく事も必要です。うつ病の治療においてはこのように環境を変えたり考え方の癖を直す指導をする事もあります。今のうつ病を改善するだけでなくこれからならないような予防も含めて治療していくのです。ストレスが溜まる事が多い毎日の中で予防まで考えてくれる心療内科は時代のニーズに合っています。うつ病は時間はかかるかもしれません。しかし根気強く治療すれば完治する病気です。完治する頃には考え方も前向きになっている効果もあります。